立川エリアで賃貸経営をサポートしてくれる「賃貸管理会社」紹介サイト

TOP » 相続税対策・資産運用に最適な賃貸・不動産経営

相続税対策・資産運用に最適な賃貸・不動産経営

賃貸・不動産の経営と聞くと、どのようなことを想像しますか?家賃収入以外のメリットが分からなかったり、敷居が高く、不安があったりするのではないでしょうか?

不動産や賃貸の経営は、単に収入を得るためだけの手段というだけでなく、相続税対策や資産運用にも最適と言われています。これはアパートやマンションなどの不動産を賃貸経営として運用することで、継続的な収益だけでなく、相続税に対する税金対策や、老後資金などの資産運用として有効だからです。

ここでは、将来的に安定した収入が欲しいと考えている方や、相続税で大きな金額を相続することになるけど、支払う税金をなるべく抑えたい、という方に賃貸・不動産経営のメリットを紹介します。

相続税対策に有効な賃貸・不動産経営

近しい人が亡くなって資産を相続した場合、遺産が現金のままだと莫大な相続税がかかります。せっかく残してくれた資産を、税金として国に納めるのをなるべく抑えたい方もいらっしゃると思います。

土地や賃貸運営物件、小規模住宅用地を相続すれば、現金よりも相続税の評価額を下げることができます。相続税をうまく抑えるためにも、賃貸不動産の経営はおすすめです。

賃貸物件による相続税対策の、具体的な方法や詳細について説明します。

賃貸・不動産経営が
相続税対策に有効な理由

資産運用に有効な賃貸・不動産経営

日本国内の景気の動向が長年好転しない現代。将来の年金に対して不安を抱えていたり、老後の生活に不安を持っている方も多いと思います。そんな方には、賃貸不動産経営で安定的な収入源を得るのがおすすめです。

投資手法、資産運用手法は数多くありますが、賃貸不動産経営はリスクが低く、メリットの多い資産運用の手段として注目されています。

賃貸不動産経営は少ない資金で始められますが、住人が入りさえすれば毎月継続的に収益が得られます。さらには節税にもなりますし、インフレ対策として資産分割にもなるのです。

賃貸物件による資産運用の、具体的な方法や詳細について説明します。

賃貸・不動産経営が
資産運用に有効な理由
立川市の賃貸管理会社
「空き室」と「家賃滞納」の対策をしっかり行っている、立川エリアでおすすめの賃貸管理会社を紹介しています。
詳細はこちら
サイトマップ >