立川エリアで賃貸経営をサポートしてくれる「賃貸管理会社」紹介サイト

TOP » 相続税対策・資産運用に最適な賃貸・不動産経営 » 資産運用に有効な賃貸経営

資産運用に有効な賃貸経営

賃貸物件の経営は、株や投資信託、FXなどの金融商品と比べて安全性が高く、長期的に収入を得られる資産運用手法です。老後の年金に不安が大きくなるなか、継続的に収入を得られる賃貸住宅経営には、大きな魅力があります。節税効果や相続税対策としても、賃貸不動産経営はおすすめです。

ここでは、賃貸住宅経営のメリットを紹介します。

毎月安定した家賃収入を得られる

賃貸住宅経営では、入居者がいる限り、毎月家賃収入を得ることができますが、他の投資法では毎月一定額を得る方法は、まずありません。

銀行預金や国債の利子は年2回、株の配当も多くて4回。毎月現金が入ってきて、その金額も安定している投資というのは、不動産の賃貸経営以外に、ほとんどないと言っていいでしょう。

インフレ対策として有効

インフレとは、通貨の価値が大きく下がってしまうことです。「現金を持つこと」がリスクになるのです。

不動産であれば、物価変動の影響を小さく抑えることができます。インフレになると土地価格が上昇する傾向にあり、インフレ時に土地を売ることで利益を得られる可能性もあります。物価変動の影響が小さいので、インフレ時においては、債券や定期預金、貯金よりも安全なのです。

節税対策に役立つ

不動産投資では、不動産にかかる経費が必要経費として認められます。建物の減価償却費や維持管理費など、物件の管理にかかった費用を確定申告すれば、所得税や住民税が節減されることがあります。

相続税についても、マンションであれば建物の部分は購入価格の50%、土地部分は公示価格の80%が相続税評価額となります。賃貸に出されている不動産物件は、さらに評価額が下がります。

少ない資金で始めることができる

不動産投資には何千万円もの資金を用意しなければならない、と誤解している人がいますがそれは間違い。ある程度の頭金は必要ですが、ローンを組んで物件を購入し、家賃収入から一定額をローン返済に回すのが一般的です。

新築ではなく中古物件を買えば、必要なのは管理や修繕などの維持費だけ。費用が抑えて気軽に始めることができます。

生命保険や老後資金として利用できる

購入に際してローンを組んだ場合、「団体信用生命保険」が組み込まれているので、万が一の時には残りのローンは保険で支払われます。物件は残るので、安定した家賃収入という「支え」を家族に残すことができます。

不動産投資を成功させるには

不動産投資を成功させるには信頼できる不動産投資会社を選ぶ必要があります。管理会社だけでなく物件選びなどから信頼できる会社を探しましょう。

詳しくはこちらのサイトもチェックしましょう。

決定!一棟マンション投資に強い不動産投資会社3選

立川市の賃貸管理会社
「空き室」と「家賃滞納」の対策をしっかり行っている、立川エリアでおすすめの賃貸管理会社を紹介しています。
詳細はこちら
サイトマップ >