立川エリアで賃貸経営をサポートしてくれる「賃貸管理会社」紹介サイト

TOP » 相続税対策・資産運用に最適な賃貸・不動産経営 » 相続税対策に有効な賃貸経営

相続税対策に有効な賃貸経営

現金を残したまま亡くなった方の資産を遺族が相続すると、掛かる税金は現金の額そのままで評価されます。例えば、相続額が5,000万円以上1億円以下の場合、20%の税率が掛かります。遺族が残してくれた遺産から、大きな額を税金として取られるのは、なるべく避けたいと考えるのは、当然のことです。

この相続税対策に有効なのが、賃貸住宅の経営。賃貸住宅を経営しておくことで、多くの節税効果があります。ここでは、賃貸住宅の経営で相続税を減らす方法を詳しく解説します。

土地の購入で相続財産の評価額を下げる

相続対策にはまず土地の購入が有効。土地の購入をしておくことで、現金で評価額が決定されるのではなく、土地の評価額をもとに相続税が決定されます。現金の場合よりも、土地の評価額は20%ほど下がるのです。例えば、現金のままで1億円を相続する場合には、相続税の対象になる評価額は1億円ですが、土地を購入しておいて相続すれば、相続税の対象の評価額が8000万円になるのです。

土地の価値はなくなることはありませんし、土地を購入しておけば、のちに家やアパートを建てることもできます。相続を考えている方は、まず土地の購入を考えましょう。

借家として貸し出すと相続税が安くなる

土地を購入した後には、その上に物件を建てるのがおすすめ。アパートやマンションなど新築物件の固定資産税の評価額は、建築価格の60%~70%です。

さらに建てた建物を借家として貸し出すことで、借家権割合が適用され、さらに30%ほどの評価額を下げることができます。

相続した土地の評価額を下げる

相続した土地は、さらに評価額を下げることができます。宅地が小規模である場合には、物件を事業用地とすれば「小規模住宅用地の減額の特例」によって、評価額を下げることができるのです。割合としては、200m2までを評価額の50%に減額することができます。自宅がある場合には、条件をクリアすれば居住用の宅地は330m2までの80%減額となります。

相続税対策のポイント

立川市の賃貸管理会社
「空き室」と「家賃滞納」の対策をしっかり行っている、立川エリアでおすすめの賃貸管理会社を紹介しています。
詳細はこちら
サイトマップ >